保険見直しのコツ

猫とネズミ保険は加入時の年齢によって保険料が決定されるため、若ければ若いほど保険料が安くなります。掛け捨てではなく貯蓄性がある保険のなかには、古いほど予定利率が高いものもあり、安易に切り替えない方がいいものもあるので注意が必要です。一方で、歳を重ねるうちにあるステージに到達すると保険料が格段に高くなってしまう場合もあります。そのような場合には、保険見直しが不可欠となりますが、医療保険の場合は、入院日額をポイントとすることも考えられます。死亡保険よりも活用の機会が高いと考えられるため、日額5,000円が主流であった従前のものから、現在メインとなっている日額10,000円以上への切り替えについて検討することもひとつの方法でしょう。

新しい保険契約に切り替える場合に留意しなければならないこととして、新しい保険契約が有効となる期日になるまで、前の保険の解約をしないようにするということがあります。新しい保険の契約成立は、記入した書類の不備がなく、健康上の問題がないことが証明された後、初回保険料が支払われてからというのが一般的です。クレジット決済などで保険料支払いが先になる場合もあるので、手続きが終了したからと安心せずに無保険期間が生じないようにすることが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket