保険見直しの原則

万が一のために、決して少なくない掛け金を支払いながら備える保険。一度加入したらそのまま放置という方も少なくないのではないでしょうか。人生の節目ともいえるようなライフシーンに大きな変化が起きたときを保険見直しの時期と考え、その後の生活のためにさまざまな視点から検討してみることをおすすめします。就職や結婚、出産や住宅の購入、退職など、人生にはさまざまなライフステージの転換期が訪れます。また、収入の減少や保険契約の満期などによって見直しをせざるを得ない場合もあるでしょう。ただ、ライフステージの転換期や保険の満期などに直面してからでは、効率のよい見直しを十分に検討できなくなることも多くなるため、少し早めに計画的に行うことが大切なこととなります。

保険見直しは、「誰が、いつまで、どれくらい」困るのかに注目して行うことが大切であると言われています。たとえば、結婚という節目を迎えたときに、万が一に備えて加入する保険には、配偶者が生活できるお金を、配偶者が収入を得ることができるようになるまでの期間受け取れることを考える必要があります。万が一のことがあった際に、配偶者が経済的困窮にさらされない額の死亡保障を確保することが第一となり、定期保険などの期間が限定されていて一定期間を過ぎると保障がなくなってしまうものではなく、終身保険を選択することが大切となるでしょう。保険会社や保険商品の検討は、次の段階に検討することとして、まずは、誰が困らないためのもので、いつまでどれくらい困らなければいいものなのかを考えることが大切です。当サイトでは、保険見直しのコツや、頼りになるファイナンシャルプランナーについて紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket